シャッター通り脱出プロジェクト

シャッター街 自営業 再生 復活

トップイメージ
メニューバー
5-1


貴店はそもそもホームページをお持ちですか?これは現代においてはかなりの愚問ですね。ブログやFBまで含めれば大方8割以上の確率で、ありますと回答が来るのではないでしょうか?それでは質問を変えますね、貴店のホームページはグーグルで検索してある程度の順位に検索されていらっしゃいますか?店舗名で検索して上位に表示されていると豪語する方もいらっしゃると思いますが、ちょっと珍しい屋号なら、偶然に上位表示されているかもしれません。ただこの検索にある基本的な問題点があります。それはあなたのお店の名前で検索する人は、「すでにあなたのお店を知っている顧客もしくは競合する同業者」という事だからです。

ホームページで良く見かけるのが、このように店名、会社名だけをタイトルにしているサイトです。私はこのようなサイトを「お店案内サイト」「会社案内サイト」と呼んでいます。もちろん顧客が貴店に来店するためのアクセス案内としては機能すると思います。しかしホームページを有効活用すれば、半永久的に新規顧客を獲得するための広告媒体となる事をご存
じでしょうか?この章ではこのサイトの主旨である「ホームページによる集客戦略」についてご説明させていただきます。なるべく簡単な言葉でご説明をこころがけたいと思いますが
どうしても理解できない言葉がでてきたら、グーグルで「○○とは」といれて検索してみてください。ネットの疑問はネットで解決しましょうね。

さて、先ほどから「タイトル」のお話をしておりますが、そもそもタイトルとは何でしょうか?
タイトルはインターネットエクスプローラーですと、タグの部分に表記されるとウェブサイトの
題目(すなわちタイトル)で、このホームページのトップページですと、右の写真の赤字の部分を指します。このサイトのトップページのキーワードを覚えておいてくださいね。

ホームページのタイトルはすなわちそのサイトの「キーワード」となりますが、この部分は検索エンジンに読み込まれるため、前述のように店名や会社名だけをいれていても、あまり意味がありません。

新規顧客を獲得するためには、適切なキーワードを埋め込む必要があります。そうホーム
ページによる集客戦略のためには、まずあなたホームページのテコ入れ作業から始めることが重要になります。一般的に内部対策と言われるものですが、ある程度ホームページ制作を
かじっている方ですと、 作業はそれほど難しいものではありません。この後、順を追ってご説明しますね。

なおこれからご提案する作業は、個人の責任において実践される事をお願いします。ほぼ 90%の確率で、現状より改善されると思われますがインターネットの世界に絶対はありません。

またブログやフェイスブックなどのSNSにはこの手法は機能しないと思われますので、予めご了承願います。

サイトキーワード
 

5-2



SEOという言葉をご存じでしょうか?「Search Engine Optimization」の頭文字で、日本語で
は「検索エンジン最適化」と訳されます。もっと簡単にいえば、YahooやGoogleなどの検索エ
ンジンなどで適正なキーワードで検索した時に上位表示させるためのテクニックです。

あるキーワードを 検索した時に、検索結果の一ページ目に表示される事は、即ビジネスに
つながるのは、誰でもご理解いただけると思います。一説には、一ページ目の検索順位が
3位までは、開いてもらえる可能性が高い様です。とはいえ少しでも上位につけている事が
理想ですね。

SEOで大切なことは、サイトのキーワードを検索エンジンに認識させる事もありますが、まず
「誰に何を伝えたいのか」という事をはっきりさせる必要があります。例えば、前述の店名だけ
とか、会社名だけで上位に表示されても何もメリットがない事をご理解してくださいね。

それでは、あなたのホームページが現在、どうなっているのか確認する方法を伝授いたしま
ねす。自サイトを開いている状態で、インターネットエクスプローラーの表示−ソースとクリ
ックしてください。


ソースの見方
 

別ウインドウで右のような奇妙な文字の羅列が表記されます。 これがHTML(ハイパーテキ
ストマークアップランゲージ)といわれるもので、ホームページの設計図のようなものです。
インターネットは軍事目的で開発されたと言われていますが、さしずめHTMLはその暗号文
のようなものです。

ここではHTMLの詳しい説明が避けますが、とりあえず簡単な構造だけ理解してください。
一番上段にスクロールすると<head>から</head>に囲まれた部分が、サイトの情報を表わし
ており、その下にある<body>から</body>に囲まれた部分が本文を表わしている事だけご理
解してください。

今回、見ていただきたいのは、<head>部分にあるタイトルとメタタグになります。
まずタイトルは、<title>〇○○○</title>の部分になります。このサイトですと

<title>シャッター街 自営業 復活 再生◇シャッター通り脱出プロジェクト</title>
になっています。

さて次に確認するところは、<meta name="description" content="〇○○○○○○○">に
なります。このサイトですと

<meta name="description" content="大都市近郊にも増えてきたシャッター街。自営業の
再生、復活のためにあなたがなすべき事は?あなたにもできるSEOで商圏を日本全国に
する方法を伝授!">
になっています。

HTML
基本的にこの二つのタグは上段の比較的近いところにありますが、サイト製作者の意向によっては離れているもしくは、メタタグ自体存在しない場合もあります。ぜひ自店、自社の
サイトも確認してください。さてこの二つのタグの修正を個別に説明していきますね。


◇タイトルの再設定

あなたが売りたい差別化された商品を、お客様はどんな言葉で検索するでしょうか?まずこの部分から推測していく事になります。そこで重要なのがネットで検索している人はどんな状況かを考えて見てください。それはあなた自身を当てはめてみると理解しやすいと思います。あなたがネットで検索しているシュチュエーションはどんな時でしょうか?概ね「場所を探したい」「地方の海産物を購入したい」「好きな芸能人の情報を知りたい」など必要にせまられた状況下で少しでも早く情報が欲しい時のはずです。

そうネットでは、困っている人、急いでいる人達が問題解決のために、検索窓にキーワードを入力しているわけです。
例えば、「地方の海産物を購入したい」という人は、「海産物 販売」という漠然としたキーワードで検索するでしょうか?答えはNOです。「北海道 蟹 通販」などの具体的なキーワ
ードに落としこんできますね。

それでは、ペットの臭いに困っている人はどんな言葉で検索すると思われますか?単純に「ペット 臭い 消す」あたりが考えらますが、この「ペット」というビックキーワードで、検索エン
ジンで上位表示させる事は至難の業です。そこで地域名をプラスする事により、「ペット 臭い 消す 所沢」とすれば検索エンジンに引っかかりやすくなるというわけです。もちろん全国区の商売をお考えの方は、地域名ではなくもっとニッチなキーワードを選ぶ必要がありますね。なお「髪の毛 生える」とか「水虫 治る」など薬事法に絡む表現は使えませんのでご注意を!

なお店名は残しておく事をお勧めしますので、キーワードは下記のようなものがお勧めとなります。特にサービス業の方は地域名は必須となります。

「ペット 臭い 消す 所沢 〇○ペット店」
「工事 道具 早朝 営業 年中無休 船橋 △△商店」
「耳 うぶ毛 剃り 名古屋市熱田区 ◇◇理髪店」等々です。

深夜、工事道具の不備が発覚した船橋市内の業者さんは翌日の工事のために、上記のような言葉で検索する事が予測されます。また最近、耳のうぶ毛を剃る床屋さんが減ってい
る事に不満な名古屋市熱田区にお住まいのご隠居さんはこんな言葉で検索すると思われます。(なお商圏の大きな大都市の場合は熱田区のようにより細かい地域設定が必要となります)

さて当サイトのキーワードを思い出してください。皆さんが何故当サイトに辿りついたかその意図をご理解していただいたでしょうか?

なお、各キーワードの間には、半角のスペースを入れる事。また下手な鉄砲方式のキーワードの大量羅列は効果が落ちるので要注意です。

メタタグ

◇メタタグの修正

ここには最大で124文字程度の文字を入力できます。この文章はあなたが検索エンジンで検索する時に、頻繁に見ているサイト名の下に表示されるサイト説明文です。
これを入れていないサイトが多いので、非常に驚いてしまいます。検索画面からサイトに誘導するための貴重なキャッチコピーが入るので必ず入れてください。その際の注意点で
すが、タイトルに使われているキーワードを自然な形で二回程度埋める事が理想です。またサイトを見たくなるような文章に仕上げる事も重要ですね。

概ね、検索結果のクリックするための動機づけはこのメタタグの文章にかかっています。手前味噌ですが、あなたはなぜ当サイトを開いていただいたのでしょうか?クリックしてみたくなるキャッチコピーをあなたも考えてみてください。

上記作業が終わってやっと、グーグルに読み取ってもらう準備ができました。現実的には不十分ですが、とりあえず初歩の初歩の作業は終了しました。

   
5-3


ここまでお話しをしてくると、「ホームぺーじの編集方法がわからない」「ホームページを外部の業者に委託しているのですぐ出来ない」というお話がでてきます。
ホームページの管理を外部に委託していて編集作業出来ないという方は、このHPのURL(ホームページのアドレス)を外部業者に連絡して作業をお願いしてください。ただし今後の事を考えるとホームページの管理は自分で行いたいものです。私ごとで恐縮ですが、ホームページの勉強を始めたのは40代後半からです。はっきり言って細かい事は覚える必要はありません。

HTML(ホームページの設計図)の基本と、FTP(サーバーへのアップ作業)が出来るだけで自由度が格段にあがります。文科系の私も専門用語との戦いでしたが、ひとつだけ言える事は、どんなに間違った作業をしてもPCが壊れる事はありません。ですから自信を持ってホームページ制作に取り組んでください。なおホームページの基本的な制作方法を教える事はこのサイトの主旨ではありませんので、ご質問いただいても回答できません。ご自分でスクールに行くなり、独学するなり対応をお願いいたします。

最近では、無料で操作性が良いホームページがでてきています。HTMLの知識がなくても、かなりマニアックなサイトが出来るのも事実です。しかし前述のSEOの内部対策等を対応するには最低限のHTMLの知識が必要になることをお忘れないようにお願いします。

当サイトの管理人にご質問・ご相談のある方はこちらからご連絡してください。

ボトムバー
Copyright(C) 2016 シャッター通り脱出プロジェクト All Rights Reserved